高速な WiFi サービスにより、カスタマー エクスペリエンスを向上しつつ、MegaIX を使用して 90 セントから 1 ドル節約。

queensland_airport_graphic

会社について

Queensland Airports は、クイーンズランドの地方、ゴールド コースト、およびニュー サウス ウェールズ北部と国内外の各地を結びます。

本社
ブリスベーン、オーストラリア
業種
旅行

エグゼクティブ サマリー

Queensland Airports Limited (QAL) は、オーストラリアにある地域空港の専門で、ゴールドコースト、タウンズビル、マウントイサ、ロングリーチの 4 か所全体を通して、週あたりおよそ 15 万 3,000 人の旅客数を取り扱います。QAL は、同社の空港を利用する旅客に対する優れたカスタマー エクスペリエンスの創生に主眼を置いています。カスタマー エクスペリエンスの構成要素の 1 つには、高速で無料の Wi-Fi インターネットをすべての旅客に提供することが含まれており、QAL は、コストを抑制しながらインターネットのパフォーマンスを向上させる方法を模索していました。Megaport との提携を通して Megaport Internet Exchange (MegaIX) ピアリング交換を使用することにより、QAL は、旅客への無料 Wi-Fi サービスにおいて、ユーザーによるダウンロード速度を改善できました。QAL は、この旅客エクスペリエンスの向上を従来のインターネット帯域幅に比べてわずかなコストで達成したのです。

スナップショット

  • 旅客への無料 Wi-Fi サービスにおいて、ユーザーによるダウンロード速度を改善することにより、旅客エクスペリエンスを改善。
  • MegaIX に 10G ポートを展開し、Netflix などのサービスへのアクセスを旅客に提供。
  • Megaport の使用により、ネットワークのパフォーマンスを強化し、およそ 90 セントから 1 ドルを節約。

課題

パフォーマンス:優れたカスタマー エクスペリエンスを提供するには、すべての旅客に無料の Wi-Fi サービスを提供する必要があることを QAL は認識しました。しかし、旅客需要が増加しているため、旅客全般に対して高速で安定したインターネットを一貫して提供するのは困難でした。すべてのユーザーに世界で通用するレベルのインターネット エクスペリエンスを提供するための、新しい革新的な接続を調査する必要が QAL にはありました。

コスト:従来のインターネット サービス プロバイダー (ISP) は、安定したインターネット ソリューションを提供できますが、多くの場合、コスト高になります。QAL には、旅客が望む、高速化が絶え間なく求められるコンテンツを効率的な方法で、インターネット アクセス コストを大幅に増加することなく提供する必要がありました。

柔軟性:従来の接続ソリューションの多くは、柔軟性に欠け、需要の変化に応じた調整が困難です。QAL は、ユーザー需要の変化にすばやく対応するため、迅速なプロビジョニングおよび柔軟な契約条件を備えたソリューションを必要としていました。

ソリューション

QAL は、ネットワーク コストを大幅に上昇させることなく、ネットワークのパフォーマンスを改善しました。QAL は 1Gb ポートを展開して、同社のインターネット接続に補助的帯域幅を提供したのです。これは、無料でスケーラブルな帯域幅を
世界最大級のコンテンツ プロバイダーのいくつかに提供する MegaIX に、仮想クロス コネクト (VXC) を使用することによって達成できました。これにより、QAL が提供する無料の Wi-Fi インターネット サービス速度は大幅に
改善されました。

QAL は、同社が検討した他のオプションと比べて、Megaport の使用によりおよそ 90 セントから 1 ドル節約できたと推定しています。QAL は、MegaIX のピアリング プラットフォームを活用して、需要の高いインターネット ベース コンテンツに対するより優れた接続をユーザーに提供できるようになりました。同様の速度を従来の IPS 帯域幅の使用のみで実現しようとした場合は、QAL の負担するコストが大幅に上昇し、プロジェクト自体が非現実的になったことでしょう。

迅速な展開により、QAL が成果を得るための期間は数週間ではなく、数日間で済みました。数週間から数か月かかる場合のある従来の電話会社の展開とは異なり、QAL が Megaport サービスの初期展開に要した期間は、わずか数日でした。QAL は現在、帯域幅の拡大および縮小を数秒間でスケールでき、顧客ニーズの変化に合わせて接続を調整できるようになっています。

QAL は現在、主要なサービス プロバイダーの Megaport Ecosystem を使用して、ポート 1 か所から直接データを交換できます。ユーザーがアクセスを望む主要なコンテンツ プロバイダーの多くに QAL は接続できるという点が、Megaport Ecosystem の大きなメリットです。特に Netflix は、QAL ターミナルにいる旅客からの帯域幅の需要が増え続ける主因となっています。QAL は、MegaIX のピアリング機能を活用して、ユーザーにコンテンツを高速かつ無料で提供できます。これにより旅客は、搭乗前または降機後に映画やその他のエンターテイメントをすばやくダウンロードしたり、アクセスしたりできます。

しかし、Queensland Airports は空港を 4 か所運営しているため、各空港で無料 Wi-Fi インターネットを提供するには多くのコストがかかります。Megaport を介したピアリングにより、関連コストを削減しつつ、QAL はこれらのサービスをビジネスとして活用できるようになりました。

Peter Carter、テクノロジー ビジネス パートナー、Queensland Airports Limited

今後の計画

次回のプロジェクトには、ゴールドコーストのターミナル拡張と、ターミナル駐車場全体で無料の旅客用 Wi-Fi を展開することが含まれます。旅客数の増加により見込まれる帯域幅の需要増加をサポートするために、QAL は、MegaIX のピアリング能力を 10GB に拡大する予定です。

QAL のネットワークを強化するために、Megaport Exchange 経由の補足的インターネット サービスの展開、および Megaport のパブリック クラウド相互接続サービスの活用など、追加のサービスも検討する可能性もあります。